【てっぱんステーキ】ステーキは筋トレにかかせない高たんぱく食!《ステーキ宮》ぜひ食べたいてっぱんステーキとは!

昨今のステーキブームにより、日本人の間でもステーキが身近なものになりましたね。

多くのステーキ専門店を見かけるようになりました。

筋トレ中の方やダイエット中の方も、タンパク質は常に摂っておきたい栄養素ですね。

簡単に高たんぱくが摂れることはありがたいことですね。

今日はそんな中、先日ステーキ宮に行ってきましたので、

今回は私がオススメする、【てっぱんステーキ】について語っていこうと思います。

 

《ステーキ宮》で肉食べるなら【てっぱんステーキ】

宮の看板商品は〖宮ロース〗

ステーキ宮の看板商品といえば〖宮ロース〗ですね。

たしかにやわらかくて宮のたれがよく絡みます。

でもあれは加工肉なんですよね。インジェクション。

肉よりもソースが買ってるような印象を受けます。

まぁ好みの問題なので、「宮ロースの方が好き!」っていう人もたくさんいらっしゃると思います。

【てっぱんステーキ】は創業からの味!という位置づけ

宮ロースに並んで看板商品となっているのが【てっぱんステーキ】です。

創業当時の味を守り続けているという売り出し方ですね。

それだけ人気商品ということでしょう。

ステーキ宮では、この2枚看板のもと、さまざまなお肉を売り出しています。

好みは千差万別でいいんです

いいんです、みんな好みが分かれて当然です(^^)

私は、【てっぱんステーキ】一択です。

The 肉!を食べたいのです!

なぜてっぱんステーキなのか、その理由を説明したいと思います。

ぜひメニュー選びの参考にしてください。

【てっぱんステーキ】は横隔膜のお肉です

てっぱんステーキが使っているのは、和名でサガリと呼ばれる部位のお肉です。

アメリカやカナダで言うところのハンキングテンダーが使われています。

横隔膜=サガリ 希少部位です

肉の中でもローカロリーでヘルシーな部位です。

横隔膜の一部分のことをサガリといいます。

特徴としては、サシが少なく、赤身肉でありながら柔らかいお肉です。

肉1頭でたったの1キロしかとれない希少部位なのです。

100gあたりのカロリーは283kcalです。

サガリ100gあたりのPFC・成分表

<100gあたりの成分表:P・F・C>

カロリー:283kcal

タンパク質:16.5g

脂質:22.6g

炭水化物:0~2g

 

私が食べた【てっぱんステーキ】は240g

焼き方はレア。

やわらかくて非常に食べやすいです。

宮では《宮のたれ》をオススメしていますが、私は肉を食べたいのでタレはつけない派です。

 

ちなみに、てっぱんステーキは3つの大きさが準備されています。
140g
240g
オーバーポンドと呼ばれる240g×2
の3つです。

気になる値段:<大きさ別>てっぱんステーキ値段の比較(税込み)

140g : 1,609円
240g : 2,581円
240g×2:4,741円

 

今回食べた240gの気になるPFCです。

240gのPFC・成分表

カロリー 699Kcal

タンパク質 42.9g

脂質 55.2g

炭水化物 6g

といったところでしょうか。(焼肉のサガリを参照して数値を出したので誤差あり)

タンパク質は高い値でとれています。

脂質が多いので、自分の摂るべき脂質の量を計算し、1日の他の食事でバランスを取ることがよいでしょう。

PFCバランスでいうと、減量中でも15%の脂質を摂ることが推奨されています。

 

脂質は体に必要な栄養素

話はそれますが、脂質も体にとって必要な栄養素です。

テストステロンをはじめとするあらゆるホルモンの分泌に関与しています。

また、細胞の膜を形成するのも脂質の役割です。

脂質が不足すると、肌荒れをしたり肌にツヤがなくなったりします。

ただし脂質のとりすぎには注意

脂質は1gあたり9kcalあります。

タンパク質や糖質が1gあたり4kcalですので倍以上ですね。

食べすぎは体脂肪の増加に注意ですので、ご自身のPFCバランスを知っておくのは大事なことです。

また脂質には種類がありますので、脂質の「質」「種類」などを踏まえ、偏った食事にならないようにご注意ください。

 

そういう意味では【てっぱんステーキ】は頻回に行くものではないですね。

月に1回、もしくは2か月に1回、食べられればいいですかね。

 

味の感想

ここまでの流れで、てっぱんステーキの良さに気付いてもらえたのではないかと思います。

ただ最も大事なのは味ですよね!

どうせステーキを食べるなら美味しいものがいい!当たり前です。

私の食べ方

  • ステーキソースはかけない
  • 固くならないように熱いうちに食べる
  • ひたすら肉を食べる

だから何ってことはないです。好みです。

 

食べた感想

  • 横隔膜ということで一見スジが多いように見えますが、非常にやわらかいです。
  • 「お肉」を食べている味がします。加工肉とは違う。
  • タレをつけなくても美味しい。
  • 脂質も考えると240gか140gがいいかな。オーバーポンドはもたれそうです(;^_^A

 

結論

今回は、体験をもとにステーキ宮に行くならぜひ食べたい【てっぱんステーキ】について書きました。

高たんぱく食ですが、脂質が多いので注意が必要です。

決して安くはないので、たまに行くくらいがちょうどいいですね。

ステーキ宮に行って食べるなら、やっぱり【てっぱんステーキ】だね!というお話でした。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。