知育!英会話教材のスピードラーニングキッズ【1ヶ月レビュー】子どもたちの反応と今後の期待

こんにちは、こばです。

私には3才、2才、0才の子どもたちがいます。

私も奥さんも英語がとても苦手です(;^ω^)

 

でも海外旅行に行きたい!

子どもたちは将来英語で苦労してほしくない!

私たちのように、英語が苦手だけど英語を話したい!

と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

英会話教材スピードラーニング

そんな方が一度は買ってみようかなと思ったことがあるだろうスピードラーニング。

聞き流すだけの英会話教材とはよく聞くフレーズです。

私は完全に信用はしてません(笑)

でも半分期待しています。

しかしやっぱり英語に自信がありません。

なんたって高額商品ですからね。

途中で挫折とかホントもったいないです。

買うからには効果にフルコミットしたいところです。

スピードラーニングに子供用がある!?

スピードラーニングに子ども用があるのはご存じですか?

聞き流すだけの英会話教材のキッズバージョンです。

内容も、アメリカの保育園や子供のいる家庭での1コマなど、子どもが興味を持ちやすいストーリーにしてあります。

もちろん、大人でも内容に興味がもてるものでした。

そうです。

私は自分の英語力に自信がないので、自分用にスピードラーニングキッズを購入しました。

キッズ用ならさすがに自分でも導入から挫折はしないだろうと(笑)

子どもに使ってみる☆知育

自分用として聞き流していたのはずいぶん前の話です。

結論から言うと、ストーリーは覚えましたが英語は話せるようにはなりませんでした。

しかし、単語単語は覚えます。日常会話だとしたら聞き流すだけでも耳は慣れるのでしょう。

そして会話の奥に聞こえるバックミュージックは癒し効果のあるオーケストラです。

モーツァルトをはじめとする有名曲が癒しのメロディとなって流れているのです。

この効果もあり、癒しを感じつつ英語が自然と耳に入ってくる効果が期待されるのです。

 

と、大人の感想はそんな感じ。

それを上の子が3才になったので、ちょっと聞き流してみようと思いました。

3才の兄も2歳の弟も耳に入った単語はすぐに繰り返し、どんどん言葉を吸収している時期です。

英語に慣れるのは今だろう!という私の勝手な判断で、スピードラーニングキッズを自宅のBGMに採用です(笑)

 

方法…聞き流すだけ

朝・晩で各1時間以上、スピードラーニングキッズを流しておく。

ただそれだけです。

私が仕事の都合でいないときには奥さんにお願いしました。

ありがたいことにこの1ヶ月、朝・晩とせっせと流してくれました。

奥さんに感謝です

子どもたちの反応は??

さて、気になる子どもたちの反応です。

1ヶ月聞き流してみて、果たして子どもたちはどう変わったのでしょうか?

はたまた変わらないのでしょうか?

*初日の反応はこの記事を参照してください。☞スピードラーニングキッズ開始初日の子どもたちの反応

 

0才娘

最近笑うようになりました。スピードラーニングキッズのおかげでしょうか!?

…それはない( *´艸`)

0才なので聞いてるのか聞いてないのかわかりません(笑)

2才次男

聞いてます!

オウム返ししてます!

ただし、日本語の言葉でも意味がわかったりわからなかったりなんでしょうね(‘ω’)

面白い単語にとびついて言葉を真似してます。

「ya-mi-(ヤーミー)」とか。

 

3才長男

流れてくると笑い出します!

「グッモーニン!グッモーニン!(爆笑)」

なにがツボなのかは不明ですが(笑)

そして、

「グッモーニンリルワン」だって(^O^)

と言葉をオウム返しもします。

2才の弟と違うところは、1つの文としてまとまりをもってオウム返しするところです。

もちろん単語も発しますが、単語の集まりを1つの文として聞こえているようです。

意味はわからないにせよ、耳に入ってきた言葉を繰り返して言葉に出すという学習方法が自然にできています

 

また、

「もう6時だって。寝る時間なのかなー」

などと、流れてくる会話に対して疑問を持ったり感想を言ったりしています。

日本語の会話はストーリーとして頭に入っているようでした。

このオウム返しや感想が、お兄ちゃん大好き&ライバルとして勝手にみている2才弟にも大きな影響を与えているのは間違いないでしょう。

子どもの柔軟な発想と好奇心に期待

まず、英語をけぎらいしなかったことにホッとしてます。

むしろ楽しく聞いてくれていることに安心し、今後への期待が持てます。

なんでも興味を持つ好奇心と、受け取った後で自分の脳で解釈する柔軟な力が子どもたちならではの強みですね!今回改めて感じました。

そして、この英会話教材を日々流していけば、もっと英語に触れる時間が増えて、自然と英語耳が出来上がるのではないでしょうか。

あとは唯一と言ってもいいくらい大きな壁…それは親が英語を話せないことです。

仮に子供に質問されたり、英語で話かけられても全くわからないという緊張感があります(笑)

まだ先の話ですけどね、親もコツコツ、そして子どもたちと同じように楽しんで勉強していかなくてはならないと思っています。

まとめと今後

いかがだったでしょうか?

まだ初めて1ヶ月のレビューです。

これが2ヶ月、3か月、半年となったときに、どうなるのでしょうか?

楽しみです。

また、ストーリーに合わせた絵本もあるので活用していきたいと思います。

子どもたちがストーリーに興味を持ちだした段階で、一緒に絵本を読む感覚で読みたいと思います。

なにより大切なのは親も一緒に楽しむということですね。

子どもの反応をみて親が笑顔になる。

そうなると子どもも笑顔になってまた楽しく過ごす。

この良い循環を大事にし、子どもたちの学びにつなげられたらいいと思っています。

英語脳を35日でつくりあげる七田式プログラム

私のように、聞き流す受け身の学習法もありますが、

子どもの好奇心を刺激して積極的に楽しく学習するこちらも合わせてご紹介!

あの七田式英会話教材です↓

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>
右脳を使った英語の勉強です。

やはり子どもの脳は優秀ですね!1ヶ月もあれば英語が頭に入ってくるという柔軟さ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。