【生後2か月】癒しの笑顔!男親がするおむつ交換!

どうも、こばです。

子どもがすくすくと成長しており、オヤジとしては嬉しい限りです。

たまの休日には子どものお世話ができるので幸せです。

今日は、男親的おむつ交換についてです。

子どもも3人目だし、私的にはおむつ交換は特に抵抗はありません。

むしろ仕事で高齢者や患者さんのおむつを交換してますので、赤ちゃんのおむつ交換は新鮮です(笑)

もしかしたら、初めて親になる方の中には「おむつ交換」と聞いて少し抵抗がある方もいるかもしれませんね。

でも大丈夫!

心配することはありません!

おむつ交換は、子どもとの楽しいコミュニケーションの場なのです。

n・koba式、おむつ交換レクチャー記事です。

そもそもおむつ交換の目的とは

 

うんちやおしっこが出たときに気持ち悪いから変えてあげるのです。

そんなに難しく考える必要はありません。

簡単に言うと自分のお尻を拭くようなものです(笑)

きれいにしないと肌がただれたりかゆくなったりします。

だから赤ちゃんは不快になり、うんちが出たら泣いて教えてくれるのですね(^^)

教えてくれるなんてありがたい!

注意点はただひとつ

おむつを交換するとき、またはおしりを拭くときに、足を持ちあげます。

この足を持ちあげるときに上に引っ張らないこと!

あかちゃんは股関節がまだしっかりしていないので、上に引っ張ると股関節を傷めます

膝が曲がって、お股を外に開いている状態が正常なポジションなのです。

両足を持ったら、前(お腹側)にやさしく押してあげる感じでお尻を上げて拭きましょう!

「わかった?」

 

後は楽しむだけ

注意点だけ気を付ければ、ひたすら声をかけるだけ(笑)

「おまたせー!出たの?ん?」

「さぁさっぱりするよー」

「よかったね~いっぱい出たね!」

「さっぱりして気持ちよくなったねー」

「よかったよかった」

ひたすらポジティブな表情で笑顔でおだやかに話しかける。

これだけで自分も最高に楽しい気分になります。

さらに赤ちゃんに表情が出たり目で追ったりするようになれば、より楽しくなります。

おわりに

手をかければかけるだけ日々の変化や成長がわかります。

子供の成長は嬉しいものです。

ぜひ、積極的に育児に参加して、夫婦で一緒に子供を育てましょう!

最後にもう一度、気持ちよくなったときの笑顔をみてください(笑)

お尻が気持ちよくなって   気分は最高だぜー!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。