看護師としての働き方にちょっと待て!【休暇中に自分の今後の生き方を考えてみた】目指す自分の生き方とは?

本日ようやく医師から仕事復帰の許可がおりましたので、ついに2週間の療養休暇に終止符が打たれます!

この休み中に考えたことを整理してみました。

看護師という職業や3人の子供を持つ親としての立場の中で思うことです。

個人的な内容ではありますが、現状に納得しておらず、目指す先を見つめている方、現状を打開しようとしている方には共感していただけるポイントもあるのではないでしょうか!?

 

そもそもなぜそんなに休みがあったのか!?

当初はウイルス性の結膜炎ということで、全身の体調不良のために休暇に入りました。

体調は徐々に回復しましたが、後半の1週間は他に感染を拡大しないための自宅療養という意味での休暇となりました。

 

休みの中で残りの人生について考えた!

そんなわけで後半の1週間は家族との時間を最大限もつことができたとともに自分と向き合う時間もあり、今後の人生について考える機会となりました。

長い休暇でしたが、休む前は毎日をただひたすら突っ走って消化するだけの日々でした。

長期の休みに入ることで仕事から一旦距離を置き、仕事漬けの日常から少し抜け出して一息つくことができました。

自分にとっては必要な休みだった!?

このタイミングでこの長さの休暇が与えられたということは、自分の人生にとって今休む必要があったということだと思っています。

そしてこれが今後の人生に向けての転機となるような気がしています。

この2週間何してたの??  とよく聞かれました

ダウンして療養していたのが約1週間。

後半の5日くらいは職場での感染拡大を懸念して医師からストップがかかっていました。

ですので基本的には自宅で療養です。

自宅では赤ちゃんのお世話ができました。

子どもたちが保育園に行く前や帰ってきた後、一緒にいる時間が多く持てたことでたくさん話ができました(^^)

奥さんとも話をする時間がたくさん持てたことはとても有意義でした。

そして自分は今後どう生きたいかを考える時間もありました。

 

今後の人生の目的と意味を考えた!

まず大事にしたいことは自分の人生を生きるということ。

意思決定権は自分にあり、その決定に責任を持って生きていくということ。

今までは自分の選択に後悔したこともありました。

大学に行かない選択をしたことや職業選びなどです。

決めるときの覚悟が半端なものだったからです。

自分の決定に責任を持つことを覚悟できていませんでした。

今後は後悔のないように、自分の意思で方向性を決めることを決心しました。

当たり前のことなんですけどね。

そして自分の人生は一度キリ!ということを常に心に置いておきたいです。

 

いったい自分はなにがしたいのか?

自分の人生を生きる。

とはどういうことか。

自分の人生とは?

自分はなにがしたいのか?

 

そんなことをゆっくり考えてみました。

自分には2人の息子がいる。生まれたばかりの娘もいる。

辛い時も支えてくれた奥さんがいる。

わがままも許してくれ、ここまで温かく見守り、育ててくれた両親がいる。

小さいころから優しい弟想いの兄がいる。

 

「家族を大事にしたい。そしてみんなへ恩返しがしたい。」

 

 

自分が今こうしていられるのは自分一人の力ではない、ということは挫折を繰り返す中で学んできました。

多くの人が直接的にも間接的にも自分を手助けしてくれたからです。

そう考えると、感謝の気持ちしかないですし、自分もお世話になった人へ恩返しがしたい。

そういう思いが強くあることに気付きました。

なにが恩返しになるのか?

家族への恩返しとはどういうことでしょうか?

生活面で心配をかけない→安心させる

一緒にいること

話をたくさんすること

自分にできる家のことを手伝うこと

自分や家族が元気でいること、子供がすくすく育つこと

今、わたしが考える恩返し、親孝行はこういうことでした。

 

そのために理想と現実を考える

それを実行するためには、何をどうすればよいのでしょうか?

  • 理想はどういう生活かを具体的に考える
  • それに対して現状はどうかを考える
  • 理想と現実のギャップを埋めるにはどうすればよいかを考える

理想

  • 休みには家族と過ごせる。仕事の日でも朝や夜は家族と一緒に過ごせる時間があること。
  • 定時上がり、休みの確保、仕事のストレス解消に運動や趣味ができる。
  • 理想を考えることは、仕事以外の時間をどれだけ充実させられるかということ。
  • 仕事でいうと、多職種との人間関係が円滑になる。
  • 仕事でやりがいを見出す。仕事中も前向きな時間を過ごすことができる。

 

現状はどうか

  • 仕事で朝は子供たちが起きる前に出勤。
  • 残業で夜は子供たちが寝てから帰宅。
  • 仕事中では多忙により休憩時間もじゅうぶんに取れず。かつ休憩時間も呼び出しがあり気持ちも休めない。
  • 職場での他職者・看護師間の人間関係で疲れる。
  • 同職者や医療者のみならず患者家族との人間関係も複雑。
  • 治療に伴う看護の立場にジレンマ。医師との治療方針の違いや患者家族の思いや倫理的なジレンマ。
  • 看護師としての通常業務以外にも役割が多く、役割における責任も精神的負担。
  • 夜勤前は仮眠しないと体力がもたない。夜勤は緊張感が続き精神的な疲労が強い。夜勤明けも疲れて寝る。
  • 研修や学習会が多く、残業を増幅させている。←無給。
  • 学習会等で休日出勤が多い。
  • 仕事自体が失敗探しのようなところがある
  • 組織として決められたことをやる+自分たちで必要だと思うことを考えてやる+患者家族の希望要望に沿う
  • →考えてやることまで義務化されてしまっている
  • やらないことが悪いというアラ捜しや個々の仕事のできるできないという評価と陰口
  • それによるプレッシャーがすごい
  • なにかミスしたりやらなかったことに対して、再発防止という目的の上での事情聴取が精神的に追い込まれる
  • 患者家族優先、医師が決める治療方針優先のなかで働く看護師側の意思が後回しにされがち
  • モチベーションの維持困難
  • 当初持っていたであろう「やりがい」が仕事をしているうちに迷子になっている
  • 最近は早く帰りたいとしか思わない

 

10数年看護師を経験してきたが、変わらないこと

病院という組織において専門性が明確ではない看護師の地位が低い

患者中心という医療チームにおいて、看護師は多職種間の調整役です。

しかし多職種の専門性からすれば、看護師の知識は「浅く広い知識」という印象をうけます。

役割的にそれは仕方がなく、全部を専門家に負けないくらい理解することは困難だと感じます。

しかし最終的に患者さんに実行するのが看護師であるがゆえに、確かな情報や知識は必要である。

専門職に確認すると、「教えてあげる」感が強く、そういった場面で看護師の地位が低い印象を受けます。

そういうとき看護師は、どうしても「教えてもらう」「知らなくてすみません」というスタンスにならざるを得ないのです。

これは悔しい。

だったら看護師の専門性はどうなんだ、と思うかもしれませんね。

看護師の中でも「看護」の役割に自信をもって働いている人はそこまで多くないのではないでしょうか。

常に不安の連続。確認の連続。安心する暇もなく次の不安が来てまた確認して行う。

行ったことに対しても不安があり…の連続です。

看護師の専門的知識・技術は直接患者さんやご家族へ提供します。

多職種は、看護師を通して患者に伝わることが多いのです。それゆえに看護師が飛び石をくらうのだと感じます。

看護師の業務は、「ミスなく働く」ということに重きを置かれている気がします。

患者のためにケアを行い、感謝の気持ちを伝えてもらって嬉しい!なんていうのは10年に3度ほどあった程度です。

 

→看護師は「仕事優先」という職業意識があるように感じます。

個々のプライベートや家庭、個人の人生を尊重されていない気がします。

 

 

いろいろな職場を見てきましたが、沖縄の病院以外はほとんどこれでしたね。

沖縄はプライベートを重視していた。もちろん仕事だって重視していたが、とてもバランスがとれていた気がします。

沖縄の病院は働きやすかったー。プライベートも充実してたー。懐かしい。

 

専門性を明確にはできないのか?

看護必要度などにより「看護師の仕事のしくみを見える化」している。

そうすることで看護の質の評価ができるように厚生労働省や看護協会がいろいろと働きかけてくれてはいますが、現場には正直変化はないです。

看護師は専門性よりもいろいろな方面に対する多重業務が多い気がします。

どの職場・職種もあるかとは思いますが。

 

組織として決められたことをやる+自分たちで必要だと思うことを考えてやる患者家族の希望要望に沿う

 

↑にも書きましたが、予測不可能な現場において、その場その場で臨機応変に対応する場面が多い分、

そのときに対応した看護師の力量によって、結果や出来が左右される仕事でもあります。

統一したケアを目指してはいますが、個々の能力の差は激しいものがあります。

それは経験や人間性・価値観によるものなので、一概に勉強すればいいものでもないですし、経験を積めばできるようになるものでもありません。

また、患者さんもひとりひとり違う人間なので、相手によってその数だけこたえがあります。

これが正しい・これが正解・こうすれば間違いないということはありません。

そこが客観的に評価することの難しさでもあり、それゆえに多職種に仕事内容を理解をされにくい側面でもあると思います。

 

理想は家族との時間を最優先。家族との時間に最も大きい比率を割く。

仕事は家族との時間や安心した生活を得るためのツール

「人生のための仕事」であって「仕事のための人生」ではない。

<仕事において>

  • 定時に帰ることができる
  • 仕事での休憩時間はしっかり確保できる
  • 休日に強制的な出勤はない
  • 時間外の研修や学習会は任意

 

<家庭において>

  • 朝は子どもたちと朝ごはんを一緒に食べることができる
  • 夜には子どもたちと今日の出来事が話せるくらいな時間が確保できる。夕飯やお風呂も一緒にできる。
  • 妻とゆっくり話ができる環境をつくることができる
  • 休日は仕事のことを考えずに遊びにいくことができる
  • 連休希望が出せて、旅行に行くことができる

<金銭面において>

  • すべてのローンが返済できる
  • 3人の子どもたちの習い事やスポーツ、進学において希望に沿ってやらせてあげることができる
  • 実家の古い場所の改修を補助できる

 

具体的には

  • Blogで副業をし、収益を上げることで働き方を変える
  • 家族との時間を大切にする

Blogは自分にできるを発信していく

自分にできることとは何か?

そのために自分の役割とは何かをもう一度考える。

 

今の自分の役割とは何か?

ざっくりこんな感じ。

  • 父親
  • 息子・次男
  • 看護師
  • 地域の一員

 

それは誰を対象としたときの役割なのか?

夫→妻
父親→3人の息子
息子・次男→両親、兄
看護師→同職者、医療者、患者、地域の方、学生
地域の一員→地域のみなさま

自分が考えるこれらの役割で求められることとは?

夫として

妻の育児のサポートをする。妻の負担を減らす。妻をねぎらう。

妻のやりたいことができるよう協力する。妻への感謝の気持ちを表現する。

妻が孤独にならないようにする。妻の話を聞く。

父親として

子どもと一緒にいる時間を意識的につくる。一緒にいる時間は精いっぱい話をする、遊ぶ。

子供と一緒にごはんをたべる。公園に行く。話をたくさんする。

子供が幼いうちはとにかく一緒にいる。

子どもが意思決定をできるようになったら、どんな意思決定だとして息子を全力で応援し、味方となれる心の余裕と広さを持つ。

息子・次男として

実家に顔を出す。実家の庭仕事・畑仕事の手伝いをする。

家の改修などの金銭面のサポートをする。孫の顔を見せに行く。

役割として孫のお世話をしてもらう。話を聞く。話をする。

看護師として

病棟看護師。チームリーダーとしてチーム目標に向かうよう調整とまとめ役。

学生指導としてスタッフと学生と患者・家族との紐づけ役、指導役。各委員会・係の役割。

日々のメンバー役割。日々のリーダー役割。

患者のケア、医師の指示受けや処置のサポート、患者・家族の訴えを聞く、医療チームへの連絡・連携依頼・調整役割。

地域の一員として

行事に参加する。こどもたちも連れて参加する。

あいさつや地域の交流を大事にする。

災害時にお互い助け合えるようなつながりをつくっておく。

 

時間を大切にするとはどういうことか?

時間は平等に24時間である

  • やることをリストアップすることも大事
  • やらないことを徹底して排除することがもっと大事

 

時間を削る中でも削ってはいけない、自分にとって必要なこと

  • 読書・自己研鑽
  • 健康管理・健康維持(定期的な運動、食生活の管理、睡眠時間の確保)
  • Blogの時間・勉強・情報収集

 

→朝の時間を活用する。

→空き時間・隙間時間の活用(本を持ち歩く)

 

やらないこととはなにか?

  • 時間外労働、残業、超過勤務
  • 仕事の持ち帰り
  • ただ働き:休日の研修等
  • 夜更かし

 

→仕事に対する意識を変える。 必要最低限で帰る。

 

まとめ

  • 現状に不満がある人や不安を抱えている人、疲れ切っている人は一度しっかり休む!
  • 自分の本当にやりたいことはなにか考える!
  • きっと視野が広がり、自分を俯瞰的に見ることができるかも!
  • 自分の思い描く未来をできるだけ具体的に思い描く。
  • 理想と現実のギャップを明らかにする。
  • 目標や夢に向かってできることはなにかを行動レベルで考える。
  • 時間をつくるために排除すべき行動はなにかを考える。

 

あとは…

行動するのみ!そうすればきっと望む未来が手に入るはず!と信じてやっていきましょう!

考えるよりもまず行動!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。