【対策】突然車が動かなくなったときの知っておくべき対応方法と普段からしておくべきこと

こんにちは、こばです。

先日私は仕事終わりにカフェで作業をしていたのですが、その帰りに車が動かないというハプニングに遭遇しました。

そしてJAFに連絡したのですが、週末ということもあり大変混みあっていたようで、なんと4時間待ちという連絡が来ました。

季節は冬の訪れです。

さすがに車の窓も凍る時期ですし、暖房が使えない車内に4時間もいたら凍えてしまう( ノД`)…ということで待つのは断念しました。

もしお願いしていたら朝の4時ですし。。。

さらに、確認に来るだけで16,000円かかり、プラスそこから修理費がかかるというのです。

(JAFの期限が切れたまま更新しておらず、会員ではなかったことが金額に影響しました)

そんなわけで後手後手に回ってしまった私の対応ですが、

車が動かなくなったときはどうすればよかったよいか、

また、普段からどういう準備・知識があればよいかを振り返りたいと思います。

普段車生活をしているけど、あまり車に詳しくないよーという方はぜひ参考にし、備えを行ってください。

 

【動かない】とはどういう状態か(私の場合)

私の場合は停車中の車が再発進できなくなった状態です。

そのときの様子を順を追って説明します。

カフェまでは行くことができていたので、出発時は車の異変は特にありませんでした。

しいて言うなら、

『車の中からカタカタ聞こえる?』

といった程度です。音も小さいですし気になりませんでした。動きも問題ないですし、寒くなったからかな?くらいしか考えていませんでした。

そのまま気にせずカフェで作業をしたあと、23時の閉店間際に店を出ました。

さて帰るかと車のエンジンを入れた瞬間、『あれ?ブレーキがやけに重い』

なぜかブレーキが踏み込めないのです。

エンジンはブレーキを踏み込んでからスイッチ式なので、エンジンもかかりません。

通常は踏み込まずにスイッチを押すと、ナビやエアコンだけが作動するのですが、それらもなぜかチカチカするだけ。

なにが起こったらわかりませんでした。

寒いし(・・;)))

【対応】車が動かなくなったときにどうしたか?

自分なりに色々考えた結果、よくわからない(笑)←笑える状況じゃなかったですが。

ということで、とりあえずJAFだなと思いまずは電話です。

JAFとは、

日本自動車連盟といい、自動車に関する様々な業務を取り扱うほか、オーナードライバーの権益を保護する目的で設立された一般社団法人である。

↑Wikipediaより一部抜粋。【Wikipediaサイト ☞ ja.m.wikipedia.org】

また、JAFをもっと詳しく知りたい方は公式ホームページへ ☞ jaf.or.jp

 

さて、体験談に戻ります。

電話口にて『もしもし、車が動かなくなったんですが、おねがいできますでしょうか?』

『お休みということもあって4時間待ちにになるそうです。どうされますか?』

どうされますか?って。

4時間待ったら朝の4時ですよ。

田舎なのでタクシーはありません。

凍える車の中に4時間いたら私の命の保証ができない。

なんだか眠くなってきたし。。。

ということで、冒頭でもお話ししたように、4時間もあったら家に帰れるっていう話ですので、JAFはお断りしました。

ただし、JAFの電話口の方はとても丁寧な方でした。

呼ばないと決めた後でも、こちらの状況を心配してくださったり、細かい質問にも丁寧にお答えしてくださったりしました。

4時間も待つということは、電話口でもお忙しかったことと思いますが、そういった素振りはみせずに丁寧に対応してくださり、とても感謝しています。

*もしJAFの会員であればもっと安くなっていたので、JAFは継続しておくことをお勧めします。

トボトボと歩いて帰りました。寒すぎて途中で走りました。

無事に帰ることができてよかったです。

【原因】なぜ動かなかったのか?(今回の例)

結果的にはバッテリーが問題でした。

翌日車を取りに行きましたがやはり動きませんでした。ただ、ありがたいことに駐車場を挟んだ隣がタイヤ館様だったので、カフェで開店を待ってから修理をお願いしました。

隣の駐車場まで快く出張(?)してくださいました。

車の様子を細かく確認し、バッテリーの異常であるということを発見してくださったときはホッとしました。

店長さんご自身の車からバッテリーをつなぎ、エンジンをかけてくれまして、そのまま隣のお店へ

バッテリー交換をしてくださいました。

おかげで仕事(夜勤)に間に合うことができましたので感謝感謝です。

【対策】普段から気を付けることは?

定期的な点検

これに尽きるのではないかと思います。

私は、引っ越しの関係で、もともとお世話になっているお店が車で2時間弱のところにあります。

正直いって遠すぎです。

近場にすれば?と思われるでしょうが、人間関係を築くのが苦手な私はなかなか新規開拓に踏み出せないのでした。。(;´д`)トホホ

しかし、今回の一件で、近所のお店にお願いしようと決意しました。

家族を乗せる大切な車ですから、定期的な点検で安全第一にしておきたいですからね!

車のバッテリーの性能を知る

今回店長さんから聞いたのですが、従来のバッテリーとアイドリングストップ用のバッテリーでは注意点が少し違うようです。

*アイドリングストップ用のバッテリーは消費が早いので、早めの点検と交換が推奨されているようです。

詳しいことはお近くの専門店へ!!

そして従来のバッテリーは徐々に異変を感じられたのに対し、アイドリングストップ用のバッテリーはさっきまで通常運転ができていたのに急激に止まることが特徴のようですので注意が必要です。

こればかりは運転していて異変を感じ取るのは不可能なので、普段の点検で確認しておくしかなさそうです。

<バッテリー交換の目安>

<従来のバッテリー>

年数:4年

走行距離:10万㎞

交換時の費用:15000円

 

<アイドリングストップ用のバッテリー>

年数:2年  『約半分!Σ(・□・;)』

走行距離:4万㎞  『半分以下!Σ(・ω・ノ)ノ!』

交換時の費用:26000円 『高い!(◎_◎;)』

 

まとめ

  • JAFの会員にはなっておきましょう
  • 車の点検は定期的に行っておきましょう
  • バッテリーはアイドリングストップ用ですか?確認しておきましょう
  • 通勤や日常で使うルートにおいて車関連のお店を確認しておきましょう

 

おわりに

今回は私一人での外出時に起きたハプニングでしたので、被害は最小限で済んだと思っています。

これが家族も同乗していたら、また遠出の途中だったらと思うとゾッとします。

大事な命を乗せることを再確認し、責任をもって点検する義務を怠らないようにしようと思いました。

ご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。