2019夏!子どもたちが忍者に夢中☆【忍者】がジワジワきている気がする!?

最近「忍者」が来ている。気がする。

そう、それはつまり

《忍者ブーム!》

忍者押し?

「おかあさんといっしょ」のダダダダン体操に始まり、ノージーのひらめき工房、そして、うちの子供たち

「忍者のお散歩そろ~りそろり、いざとなったらアスリート♪」

「手裏剣の作り方」などなど

特にNHKで忍者を押しているような印象を受けますね。

 

うちの子ども忍者たち

 

子供たちも忍者が大好きで、兄弟そろって腰を低くして手を前に出して「シュタタタタタタッ!」って言って忍者の真似して走るんです。3歳と2歳が。

 

可愛いんだコレが( *´艸`)

 

タオルを顔に巻いて目だけ出したり、帽子を深くかぶってシャツで口を隠したりしてなんとか忍者になろうとしています。

上の子は逆立ちや前転なんかして忍者だって言ってるときもありますね。

たしかに忍者はかっこいいですからね!

私がやってしまったミス:注意点

しかし大人が気を付けなければいけないのが、子供たちに忍者を見せてあげようとしてYouTubeで忍者を検索して見せてあげると、ちょっとリアルな忍者が最後は人を刺す場面もあったりして。

私はやっちまいましたね。

うちの子には私が見て確認する前にその動画を見せてしまってΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

一緒にテレビに映して、忍者かっこいいね~なんて言って見てたのですが、最後に敵の腹を短刀でグサッという場面がもろに画面に出てしまい、怖い思いをさせてしまったのです。

本当に反省しました。

それ以来忍者のイメージ回復のために、忍たま乱太郎を見せたり可愛い子供たちの忍者の動画を見せたり(^^;)

でも子供の頭には「怖い忍者」としてイメージが残ってしまったみたいで。。

「怖い忍者になる」って言うときもありますし、逆に「怖い忍者が来たらやっつけてお父ちゃんを守ってあげる」なんて涙が出そうな言葉は言ってくれるときもあります。

どちらにせよ、ちょっと怖い思いをさせてしまって悪かったと反省しています。

YouTubeなどで見せるときはぜひ大人が先に確認してからにしましょう。

 

今後は楽しい忍者体験をさせてあげたい

忍者村などがありますからね、そういうところへ行って家族で体験を通して忍者を知ってもらうことも今後計画中です(^O^)

大人でも忍者はかっこいいと思いますし、ああいう機敏な動きをいつまでもできるような大人になりたいと思います。

忍者村、ワクワクしてます♪

↓これ折り紙とセロテープを使って自分で作って「忍者」って言ってました(#^.^#)

家の外では怪しさ満点ですけどね(笑)

自分で何か工夫して作るってことは大事なことです(^^)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。