【早起きは三文の徳】早朝ランニングの爽快感を語る

おはようございます、こばです。

子どもと一緒に寝て、目が覚めたら2時でした。

そこから個人的に作業をしてました。

窓の外には徐々に薄明かりが…

明け方の風景はきれいだし、その一瞬しか見れないってところがいいですよね(^^)

本当はもう一度寝たかったんですが、明るくなっちゃったんでもう仕方ないです。

5時から早朝ランニングへ!

10月の早朝は寒い

昼間はまだ日差しが強くて暑いくらいですが、朝晩はもう冷え冷え。

防寒具で走らないと凍えそうです(^^;)

そんな中、いつものランニングコース(3回目くらいですが…)でおもしろい現象が起こっていました。

川の水が外気よりも温かかったんでしょうね。川から湯気がたっています。

 

幻想的な風景に思わず立ち止って見入ってしまいました。

 

ほかにも以前、早朝で燃えるような朝焼けを見たことがあります↓

 

これだけでも朝早起きしてよかったなと思えますね。

 

早朝ランニングの爽快感

朝の静かな環境を、自然の流れを感じながら走ると頭がリフレッシュされた気分になりますね。

日々社会の荒波にもまれ、めまぐるしい変化や雑音の中で生活していると、自然の流れこそが本来の自分に近いんだなという感覚を取り戻させてくれますね。

時間の流れって本来はこういうものなんだなーとしみじみ思います。

 

すがすがしい空気を吸いながら、徐々に走ることで体もあたたまりますし、ほどよい疲労感はとても気持ちがよく、まさに爽快感です。

「今日はこれだけ走った」という達成感もあります。

達成感と言っても、歩くよりちょっと早い程度の小走り感覚のRunです。

早朝だから、自分自身に目が向けられ、「よし今日もやるか!」って気持ちも湧いてきます。

早起きの効果

他にも早起きで実感する効果としては、

  • 朝ごはんがゆっくり美味しく食べられる
  • 静かな環境で読書や作業ができる
  • 頭が冴えている(ような気がする)

こんな実感があります。

ただ、2時はさすがに早すぎましたね。

夜勤だったので午前中に寝かせていただきました。

それでも5時には起きて自分の時間を確保していきたいですね。

おわりに

起きるまでがつらいんですけどね。

起きることでの気持ちよさっていうのは実感できているので、あとは夜型生活を自制して早く寝ること。

夜も静かな環境で自分の作業をすすめやすいですし、時間にゆとりもあるように感じてしまいがちです。

でも睡眠時間を確保しないと効率は下がりますし、生活に支障をきたし、健康も害するというリスクがあります。

早く寝て、朝方生活にシフトして、すがすがしい朝を味方につけたいと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。