【放送大学で単位をとるために】試験までの流れと放送大学における学習方法を紹介!

放送大学に入学してから早1年半が経ちました。

この1年半は、仕事で日勤と夜勤をこなしつつ、育児を協力しつつ、勉強しつつの毎日でしたが、なんとかこれまでの試験はクリアできています。

今までは仕事の内容に関連した看護医療系科目が多かったのですが、今回は心理学系ということで新たな分野の開拓です。

今回は6科目申請しました。

試験に受かることだけではなく、内容を理解しようと思っています。

放送大学の学習方法で悩んでいる方や、これから始めようと思っている方に参考になる記事になればと思います。

放送大学の試験合格までの流れ

  1. 受講科目の決定・申請
  2. 受講費の入金
  3. 印刷教材(教科書)が送られてくる
  4. 印刷教材を使う、もしくはTVやインターネットで放送を見て自己学習する
  5. 通信指導問題(中間試験)に回答し、期限中に郵送する
  6. 指導が返ってくる。自己学習をすすめる
  7. 単位認定試験を受ける
  8. 60点以上獲得で合格!単位取得

 

となります。

受講科目の決定・申請

各学期ごとに、どんな授業があるのかわかる資料が送られてきます。

その中で、自分が学びたい!と思った科目を選んで申請します。

<難易度>

各科目の欄には、

科目の説明文と前回試験の平均点

が載せてありますので、それも参考にして難易度を考慮しつつ受講科目を決めていきます。

  • 60点台…合格ラインギリギリなので難易度高め。計画的にしっかり学習が必要。
  • 70点台…苦手な人もいるので注意して学習。自分の得意不得意を見極めて学習。
  • 80点台…比較的難易度は低そう。要点のまとめと試験前の振り返りに重点を置く。

と判断しています。

複数の科目を受講する場合には、受講する科目全体の難易度を考えて、バランスよく受講するとよいでしょう。自己学習において各科目にあてる時間配分を決める参考にもなります。

合わせて、試験によって物品の持ち込み可と不可が分かれています。

持ち込める物品は試験によります。

教材だったり自分でまとめたノートだったりと、いろいろありますので、ホームページから確認をして参考にしましょう。

ただし変更もありますので、試験直前に確認することが大切です。

(試験前に送られてくる受講票にも記載してあります)

<試験日確認>

また、このときに試験の日程も確認もしておきます。

冊子の後半部分に試験日一覧もありますので、この段階で日にちと時間の確認はしておく方がよいと思います。

休みの融通が利かない方であれば、試験日を確認しておかないと、一生懸命勉強したのに試験が受けられないとなると悲しいですからね(T-T)

試験を受けたくても日程が合わず、受けられないとなれば単位はもらえませんのでご注意ください。

*不合格や不参加の方でも、1回だけなら無条件で翌学期に再試験が受けられます。

再試験項目と新たな受講科目の試験日が重ならないように気を付けてください。

受講費の入金

1科目 11,000円です。(教材費込み)

申請すると郵送で振り込み用紙が送られてきますので早めに入金しましょう。

入金が遅れると教材が手元に届くのが遅れます。

スタートダッシュをしたい方や、計画的に学習をすすめていきたい方は入金が遅れないように注意が必要です。

印刷教材(教科書)が送られてくる

学習の基本となる教材が送られてきます。

手元に届いたら全体にさらっと目を通しましょう。

そうすることで、科目の全体像が把握できて計画が立てやすいです。

印刷教材を使う、もしくはインターネットで放送を見て自己学習する

学習方法は、

  • 印刷教材で自己学習
  • インターネットで放送授業を受ける
  • 過去問を解く

です。

通信指導問題(中間試験)に解答し、期限中に郵送する

印刷教材の中に一緒に入っています。

基本的にマークシートでの試験となります。

提出期限が決まっていますので、その提出期限中に必ず到着するように送ります。

遅れてしまうと単位認定試験が受けられませんので、期限には気を付けてください。

指導が返ってくる。自己学習をすすめる

提出した通信指導問題が、答え合わせをされて解答・解説と共に返却されます。

その解答を見て、自分の出来ていないところを復習します。

また、その範囲がすべてではないので、全ての章の要点を理解できるように学習をすすめます。

各章の冒頭には、要点やキーワードがまとめてくれてあるので、それを参考にして学習します。

単位認定試験を受ける

当日は学習センターなど、各都道府県で指定された試験会場にて試験を行います。

1時限から7時限まであります。

もし遅れてしまっても開始20分までは入室可能ですが、説明を聞けなかったり試験時間が短くなって焦ったりとデメリットが大きいです。

また、他の人の迷惑にもなりますので、時間に余裕をもって会場に入りましょう。

60点以上獲得で合格!単位取得

合格発表は郵送で送られてきます。

もしくはホームページで確認できます。

合格すれば、1科目2単位GETです。

学習方法

私の学習方法は基本的に教材のみです。

インターネットは環境が整っていないのと、まとまった時間が取りにくいということからあまり利用していません。

通信指導問題を解く

まずは教材を読みながら通信指導問題を解きます。

問題はマークシートです。

1問題が1章といった感じで照らし合わせてあることが多いのでわかりやすいです。

正解以外でも問題中のわからない言葉や理解できていない

ノートづくり

自分なりのノートを作ってもいいと思いますが、私は効率を考えて問題用紙の方に補足や関連事項を書き足していきます。

教材に自分の考えを書き足したりすることもあります。

教材や問題用紙に自分なりの補足を加えて、それをノートとして活用するといった感じです。

これなら情報が一元化できますし、持ち込み可の試験でも問題を解くのに効率がいいです。

 

おわりに

以上、放送大学の試験までの一連の流れと放送大学の学習方法:例をご紹介しました。

放送大学はいろいろなバックヤードをお持ちの方が受講しています。

仕事をしながら、育児をしながら、介護をしながら、といった方々が生活の中で隙間時間を作り上げて学習をすすめています。

学習センターに行くと、図書館や共有スペースを利用して勉強している方も多いですので、学習方法を聞いてもいいかもしれませんね。

なによりも一人で学習するということは、モチベーションの維持が最大の課題といえるでしょう。

一緒に頑張り人や、ライバルといえる人ができるとよりいっそう学習に対する意識が高まります。

今はSNSで発信することもできますので、ぜひいろいろな方法でモチベーションを維持してください。

そして、自分の目指す「卒業」や「単位取得」といった目標に向かって頑張りましょう(^^)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。