復帰初日から残業、そして頭痛に悩まされる夜【やはり残業はよくない】

こんばんはコバです。

私は看護師として13年目になります。

先日体調を崩しまして2週間の自宅療養を余儀なくされました。

でも今回無事に回復しまして、晴れて職場復帰となりました。

 

しかし初日からハードな仕事が次から次へと舞い込んできて、助走なしの全力疾走状態です。

仕事は定時で終わるはずもなく、復帰初日から残業になってしまいました。

そうなると案の定、顔を出してくるのが頭痛です。

残業をすると頭痛が起こるから、早く帰りたいなーという。

そんなお話です。

 

 

本日仕事復帰してまいりました

2週間の療養休暇を経て、ようやく職場復帰です。

といっても現場は待ったなしです。

昨日の看護師からは、「復帰初日なので落ち着いている患者さんを担当にしておいたよ」と伝言がありましたが、昨日落ち着いているからといって今日落ちついているかどうかは誰にもわからないのです。(その気持ちは非常に嬉しいことです。批判ではなく、それだけ毎日が目まぐるしく変化しているということ)

 

朝一番から緊急の処置やら処置やら処置やら、やっと落ち着いたかと思うと緊急の入院やら入院やら入院やらで、本当にてんやわんやのバッタバタでした。

スタートから終わりまでフル回転です。

 

相変わらずの残業モード

緊急性の高い仕事ばかりが舞い込むすさまじい日中を終え、椅子に座ろうとしたときにはすでに夜勤看護師が働いていました。そうです、定時はとっくに過ぎていたのです。

ようやく仕事の渦の中から解放されましたが、「緊急性が低く重要度が高い仕事」が山のように残っています。端から片付けていく作業の開始です。パソコンに向かって記録をし、そのほかもろもろの仕事をこなし、気付くと21時です。

いくらやっても片付かない、初日からがっつりと残業モードに突入してしまいました。今日は日勤者のほとんどが20時から21時の間に帰る感じでしたので、今日の多忙さがあらわされていると同時に、定時で帰ることの難しさが浮き彫りになってしまいました。

 

残業=頭痛 変わらない相互関係

私はというと、時間の経過とともに痛みが強くなる頭痛にも悩まされました。

子の頭痛は長時間の緊張によるものでしょうか?パソコンによる目の疲れからくるものでしょうか?肩こりからくるのでしょうか?

自宅療養中には、前半の病状による頭痛をのぞいては頭痛はありませんでした。つまりこの頭痛は職場環境からきている頭痛なのだと再認識しました。

頭痛の中仕事をするのは本当に苦痛です。圧倒的に効率も下がりますし、目もチカチカしてきます。ズキズキ痛むので会話もしたくなくなってきます。

 

帰ることには子どもは夢の中

ようやく仕事が終わって帰宅するころには子供たちは夢の中。。

 

 

寝顔は可愛いし癒されますけどね。ただ、この頭痛さえなければ幸せな気分になったんでしょう。

頭痛対策

帰宅後も、なるべく薬に頼りたくないので、おでこに冷えピタ、首から肩にシップを貼ってます。

熱めのシャワーを肩に当て、水分補給してなんとか効く対策はないか考えます。

そしてできることを端からやっていきます。

子供のころから片頭痛によってなにも手につかないことも多々ありました。困ったもんですね。

おわりに

残業によって体調不良の引き金になることは、あるあるだと思います。

次のキーワードは「頭痛の原因と予防」、そして毎度のテーマ「残業なくす」ですね。

ご覧いただきありがとうございました。

おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。