【2020夏|ダイバー的おすすめの日焼け止め】海に優しい日焼け止め3選【海を壊さず楽しく潜る!】

夏が近づいてきましたね

毎年夏を楽しみになっている方が多いと思います(´ω`*)

ただ、楽しみな一方で紫外線…気になりますよね。

夏の紫外線から日焼け止めを使って肌を守るというのは、大人子ども問わず健康・美容のために常識ですよね。

でも、その日焼け止めのせいで海が壊れているということをご存じですか?

サンゴを始めとする海洋生物が日焼け止めの有害物質によって被害を受けています。

 

私が思うに、海でスキューバダイビングをする方なら、海を大切に想う気持ちは人一倍強いと思います。

さまざまな感動を与えてくれる海に対して感謝の気持ちをもたないダイバーはいないと信じています。

ただ、知らず知らずのうちに海を壊してしまう…なんてこともありえます。

そこで今回、【海に優しい日焼け止め3選】と題して、日焼け効果も抜群で有害物質なしという日焼け止めをご紹介したいと思いますので、ぜひ参考にしてください。

SPFとPAの違い

日焼け止めを使用している方ならご存じかとは思いますが、まずはじめにSPFPAの説明からさせてください。

SPFとは

紫外線B波をブロックする指標です。

1~50+で表示されます。50以上は全て50+となります。

今回ご紹介する商品は全て50+です。

紫外線B波(UVB)とは・・・赤くなったり水膨れになったりする紫外線です。いわゆる日焼けです。

PAとは

紫外線A波をブロックする指標です。

+が多いほど効果が高いということです。全4段階です。

紫外線A波(UVA)とは・・・シミの原因となる紫外線です。時間の経過とともに肌にダメージを蓄積します。

海に優しい日焼け止め3選

タエコ (TAEKO) サンスクリーン


35ml|2,800円

SPF50+|PA++++

界面活性剤無添加など、肌に対しても負担を減らしています。敏感肌の方にも使い心地はいいようです。

タエコ (TAEKO) サンスクリーン(日焼け止め美容液)35ml

CORALILY サンゴに優しい日焼け止め 

40g|2,480円

SPF50+|UVA☆☆☆☆

有害なナノ酸化亜鉛などの粒子を使わず、パームタイプにすることで白浮き問題を軽減。

白浮きというのは・・・塗ったときに肌が白くなるやつですね。上記の酸化亜鉛や酸化チタンなどの紫外線散乱剤に含まれる白色顔料成分が白浮きの原因のようです。

CORALILY サンゴに優しい日焼け止め バームタイプ40g

ビオレ UV キッズ ピュアミルク 

70ml|795円

SPF50+|PA+++

ノンケミカルな低刺激と紫外線防御の両立に成功。

キッズというくらいですので、子どもにも使える低刺激さがいいですね。

そして何より低価格。コスパのよさは嬉しいです。

ビオレ UV キッズ ピュアミルク 日焼け止め 70ml SPF50 / PA+++ ミネラルバリアで守る紫外線吸収剤ゼロ処方のキッズUV 無香料

おわりに

スキューバダイビングをするにあたり、海を保護するという気持ちを持つのは非常に大事です。

かつ、自分自身も強い紫外線から肌を守るのも非常に大事です。

どちらも大事にして、

いつまでもきれいな海をいつまでも元気に潜りたいですね。

海を大切にして、きれいな海やきれいなサンゴ・元気に泳ぐ海洋生物たちと出会って胸躍らせていきたいですね。そしてその海を、子どもたちや孫世代にも伝えていきたいですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。