結論:おすすめは両学長のリベ大書籍


お金について危機感を抱いた2020年前期

コロナで仕事が不安定になったり、自宅にいる時間が増えたりしたことで、お金に対する意識が変わった方が多いのではないかと思います。

わたしもそんな1人です。

今までお金について全くといって良いほど向き合ってこなかったので、この機会に様々なお金の知識に触れて、目からウロコでした。

お金について学ぶきっかけとなったのはYouTube

いったいどんなところで勉強したかというと、基本はYouTube動画です。

わたしの流れは、オリエンタルラジオの中田敦彦さんがやっている【YouTube大学】を最初に見ました。

それ以前にも、マナブさんイケハヤさんといったブログからYouTubeに参入した方の動画も見ていました。

そこでお金に関する話を連日拝見することで少しずつ興味がわきました。

さらに銀行も投資でありリスクがあることを知りました。

その流れで、株式投資に興味を持ち、いくつか本を読みました。

はじめて読んだお金についての本:3000円投資生活


ファイナンシャルプランナーの方の本。

少額から投資するだけで大きなリターンが期待できるという話。

まさに「投資がギャンブル、投資はこわい」と考えている人にとって、考え方を変える1冊でした。

両学長のYouTubeを知る

さらにネットで、お金に関して・投資に関して影響を受けた人ランキングというものに、

イケハヤさんを大きく話して1位に名を連ねていた、【リベ大両学長】という方。

昔一瞬拝見したのですが、テンションの高い関西弁が苦手ですぐに閉じました(笑)

でもこのランキングをもとにして、初期の動画から、再度YouTubeを拝見しました。

最初はローテンションで落ち着いたしゃべりだったので、別人化と思うほどでした(笑)

さらに最初から聞くことで、段階を踏んでお金について勉強することができて、知ることが楽しくなりました。

ただ、1から動画を見るには時間も必要ですし、広告がうっとうしいですし、話題も不動産の次に人生観だったりと、多少とびとびだったりします。

わたしはお金について今まで学んでこなかった方(わたしのように)は、動画と本の同時進行で学ぶのが効果的ではないかと思います。

2020年に出版したばかりのリベ大書籍、【お金の大学】は段階的に、そして必要な知識をギュッと凝縮した内容となっています。

パラパラめくるだけでも目が留まり、そのうち読み込んでしまうでしょう(´∀`*)

 

結論

お金の勉強って楽しい♪

人生が豊かになるのを実感できますからね。

すぐに実践できることもありますし、長期的にみて行動する大事なこともあります。

ぜひ、一家に一冊、自分の子ども世代にも残してあげたい本だと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。