【作り方簡単】最強の筋トレ食材<鶏むね肉>を美味しく食べる方法 ~チキンバターカレー編~

こんにちは、こばです。

みなさん筋トレしてますか?

ボディメイクや減量・ダイエットには運動だけではなく食事による栄養管理が重要なことはご存じでしょうか。

そしてその食材として鶏むね肉が最強ということはもうすでに常識のレベルで浸透していますよね!

ただ、鶏むね肉はパサパサしてるし食べにくい。

そして飽きる。

そういった声も多く聞かれます。

世の中には鶏むね肉を食べやすく紹介しているテレビや雑誌、サイトやYouTube等でもたくさんありますよね。

今回は雑誌で紹介されていた鶏むね肉を使った料理を実際に作ってみましたのでご覧ください。

さらに、<作りやすさ・味・継続して作れるか>というポイントで評価してみたいと思います。

<こういう方に読んでほしいです>

  • 筋トレをしているが栄養管理で困っている一人暮らしのあなた!
  • 鶏むね肉がいいとはわかるけどおいしく食べる方法がわからなくてコンビニのサラダチキンばかり食べているあなた!

参考にしていただけると嬉しいです。

鶏むね肉は筋トレの味方!!

鶏むね肉は高たんぱく低脂肪低カロリー

鶏むね肉のPFCバランスは超優秀です。

〇皮なし鶏むね肉100gあたり(皮ありで100gの場合の値)

タンパク質 23.3g(21.3g)

脂質 1.9g(5.9g)

カロリー 116キロカロリー(145キロカロリー)

唐揚げなどで使われる鶏モモ肉と比較してみましょう。

〇皮なし鶏モモ肉100gあたり(皮ありで100gの場合の値)

タンパク質 19.0g(16.6g)

脂質 5.0g(14.2g)

カロリー 127キロカロリー(204キロカロリー)

鶏モモも高たんぱくですが、脂質の量が違いますね。

コスパに優れている

250gで大体100円です。モモは同量で250円くらいします。

栄養成分に優れているうえにコスパが良い。

最強と呼ばれるゆえんですね。

そのほかにも、

  • 疲労回復
  • 脳の血流改善
  • トリプトファンによる精神安定
  • アンチエイジング

などが期待できます。

改めて、鶏むね肉最強(´∀`*)

バターチキンカレーを作る

材料紹介

↓2人分を作る際の材料です。

  • 鶏むね肉250g
  • ヨーグルト
  • サラダ油
  • 玉ねぎ
  • カレー粉
  • トマトジュース
  • コンソメ
  • ピーナッツバター
  • 生クリーム

手順①ヨーグルトチキンを作る(チキンの下ごしらえ)

*<鶏むね肉1枚(今回は1枚で250g)に対する量です>

  1. 鶏むね肉の皮をとる
  2. 鶏むね肉を1口サイズに切る(ぶつ切り)
  3. ジップロックに鶏むね肉を入れる
  4. そこへ塩を小さじ1/4入れる
  5. そこへヨーグルトを大さじ2杯入れる
  6. 揉みこんで味を浸透させる
  7. 冷蔵庫で1時間ほど置く

これで下ごしらえは完了です(^^)

手順②バターチキンカレーを作る

  1. 熱したフライパンに油を敷く
  2. しょうが・にんにくを入れる(←うちは入れませんでした)
  3. 香りが出てきたら、みじん切りにした玉ねぎを入れる
  4. 玉ねぎがしんなりしたらカレー粉とトマトジュースを投入
  5. 少しに立たせる
  6. 鶏むね肉を入れる
  7. 3分煮込む
  8. ピーナッツバターを入れる
  9. コンソメを入れる
  10. 生クリームを入れる
  11. ひと煮立ちさせたら完成

<写真付きで詳しく見ていきましょう>

 

 

1.熱したフライパンに油を敷く

2.しょうが・にんにくを入れる(←うちは入れませんでした)

3.香りが出てきたら、みじん切りにした玉ねぎを入れる

4.玉ねぎがしんなりしたらカレー粉を入れてトマトジュースを投入

5.少しに立たせる

6.鶏むね肉を入れる

7.3分煮込む

8.ピーナッツバターを入れる

9.コンソメを入れる

10.生クリームを入れる

11.ひと煮立ちさせたら完成

感想

作ってみた感想

作り方は本当に簡単!

かかった時間も30分くらいでした。

下準備は別でやってましたが、それもそんなに手間はかかりませんでした(^^)

難しい工程もなく、これならいつでも作れそうです。

食べた感想

味はピーナッツバター色が強いです。

まぁバターチキンカレーなんだから当たり前ですけどね(笑)

むね肉はとても柔らかく仕上がりました。

一見まろやかなカレー風味ですが徐々にきます。

辛い!後からくる辛さです。

カレー粉の辛さですね。

美味しい辛さですが、一口食べて「スーハースーハー」してました(笑)

ちょっと子どもたちには食べさせられませんでした。

カレー粉の量を調整したり、生クリームの量を調整したりすれば解決しそうです。

あとはチョコレートを入れれば辛さが調和されてまろやかになりそうです。

妻の感想

第一声は「美味しい!」

「辛いから子供たちには食べさせられないけど、あ~美味しい~♪」

「あ、でもだんだん辛くなってきた」

とはいえ、しっかりと完食していただけました(#^.^#)

おわりに

いかがでしたでしょうか?

気になった方はぜひ作ってみてください。

無添加のピーナッツバターを使えば良質な脂質もgetできます。

本日ご紹介したレシピでは少し辛いですので、味の調節は必要になるかと思います。

鶏むね肉の活用法をこれからも発信できたらと考えています。

筋トレ飯として参考にしていただけたら幸いです(^^)

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら3人の子供を育てている父親です。まだ子供は小さいので四苦八苦してます。でも一番楽しい時間ですね。Blogの内容は、 【育児】【看護師】【筋トレ】【副業・初心者ブロガー】 として発信していきます。 よろしくお願いします。